キスの仕方(前戯編)

MENU

キスの仕方(前戯編)

スキンシップで女性の体に近づき、セックスをするような雰囲気が作れたらまずはキスです。キスは男性にとってもそうですが、女性にとっては特別な行為です。気持ちの面で大変興奮しますし、唇と口の中は性感帯でもあります。キスの仕方ひとつで女性を完全に欲情させることも可能です。

 

 

キスの正しいやり方

キスとは唇と唇のふれあいです。そして唇はとても敏感な場所です。敏感な場所に触れるのですから、こちらの唇がカサカサの状態ですと女の子に少し痛い思いをさせてしまう可能性があります。セックスでは相手に少しでも嫌な思いはさせてはいけません
。当たり前のことですがセックスでは特に!

 

カサカサするのを防ぐのには、キスをする時には少しだけ唇を湿らせるのがいいです。あからさまに舌で湿らせるというよりも唇を凹ませるようにして湿らせるのがおすすめ。この時点でペロッと唇を舐めるのを見ると女の子はちょっと引くかもしれないから。仕草にだって気を配ることで、より上質な前戯ができますね。

 

 

キスをするときの体勢とポイント

 

キスをする時の基本的な体勢は女性の肩に手をかけて行うのが普通です。肩に手をかけられることで女性も「キスをするんだ」という心構えができてスムーズなキスができます。手順として、まずは女の子の目をしっかりと見つめてゆっくりと唇を合わせに行きましょう。ポイントは少し顔に角度をつけることです。女の子の鼻と自分の鼻がぶつかってしまうのを防ぎます。

 

慣れていない人は唇を必要以上に尖らせてしまいがちですが、唇の力を抜いてキスをすることを心がけてください。

力の抜けた唇ほど柔らかく、女の子にとって気持ちがいいのです。

 

 

キスの時間と種類

 

キスと言っても軽いフレンチキスから濃厚なディープキスと様々あります。初心者はまずは軽いキスから始めるのが基本です。唇と唇を合わせて1秒もしないくらいで一度離します。離れたらお互いもう一度見つめ合う。目と目で見つめ合うことで愛情を感じて雰囲気も良くなるから、当然女の子は欲情します。

 

見つめられることで相手は恥ずかしいという感覚が起きることもあります。この恥ずかしいという感覚も性感帯を敏感にさせる大切な感覚です。

 

キスに関してはここで一旦やめても良いのですが、見つめ合ったらもう一度キスをしてみるのも良いでしょう。
次は少し長めのキス。この時も唇の力はできるだけ抜いて女の子の唇を撫でるようにすること。序盤は雰囲気重視です。

 

女の子のほうもキスを求めてきていたら、性欲がかなり刺激されてきている証拠ですから、そこからはディープキスに移行しましょう。まずは力を抜いた唇で女の子の下唇を挟みこみます。そして軽く吸ってみたり舌で唇をなぞってみてください。女の子は気持よくなってクタッとしてくるはず。

 

女の子が感じてくると明らかに力の抜けていく感覚が伝わってくるからそれを察すること。そして舌を女の子の口の中に滑り込ませます。ゆっくりと女の子の口の中に舌を入れていきます。女の子の方も舌を出してきたならばもう止まりません。舌と舌を絡ませたり、歯茎をやさしく舐めたり舌の裏を舐めたり・・・。

 

キスでどこまで相手を興奮させることができるかがカギです。キスは経験を積まなければ難しいテクニックではあります。上達のポイントは、女性の反応を観察しながら「どうすれば感じるのか?」を把握しながら行うこと。ソフトなタッチが好みなのか?少し強めが好きなのか?この情報はキスの後にする体への愛撫にも関わってきます。キスの時点でイメージをふくらませておけるなら意識するべきです。

 

 

何度も言いますが唇と口の中はとてもデリケートで敏感な場所です。ですから絶対に力を入れないようにしてください。下手に力を入れすぎると、気持よくなかったり痛かったり、歯が当たって血が出てしまうことだってありますから。キスの段階で女の子に嫌な思いをさせるとその後のセックスに影響してきます。ので「力を抜いてやさしく」を心がけること。自分に置き換えてみればわかるでしょうが、柔らかい物で触られたほうが気持ちがいいものです。ということで、力加減の難しいディープキスに関しては慣れてきてからでもいいでしょう。

 

 

キスをしながら手も動かす

 

キスそれだけでも女の子はうっとりと感じはじめますが、セックスを前提のキスなのですから、キスをしている最中に徐々に愛撫を始めるのが効果的です。ただしキス中に愛撫をするのはディープキスに移行した場合のみ。フレンチキスならキス単独でOK。

 

ディープキスに移行したら、女の子の肩にかけた手をゆっくりと腰に回していきます。キスで女の子がクッタリとしてきているならば、背中をまさぐるように愛撫します。なるべく手のひらを大きく広げて背中を包み込むようにさする。

 

背中への愛撫で女の子が体を密着させてきたならば、もう片方の手で胸にタッチします。まだまだ序盤ですから、乱暴に触れるのではなく、優しく撫でるように服の上からおっぱいを愛撫します。同じ手順でおしりを撫でるのも効果的。

 

キスの手順が上手にできたなら、おそらく女の子のアソコは濡れ始めているはずです。

関連ページ

セックスの基本的な流れと手順
未知のことをする時はだれでも緊張するものです。セックスやエッチというカテゴリは、教科書に詳しい内容が載っているわけもなく、誰にも聞くことができない分野。そんなセックスの基本的な流れと手順をこのブログで私がご説明します。初めてのセックスを不安に思っている方の手助けになれば幸いです。
セックスの最重要ポイントは前戯にあり
セックス(H)前の雰囲気作り(前戯編)
キスの後・服の上からの愛撫(前戯編)
耳への愛撫はさわるだけではない(前戯編)
服とブラジャーの脱がせ方(前戯編)
おっぱいの愛撫の仕方(前戯編)
セックス前の腰回りへの愛撫(前戯編)
女性器(マンコ)への愛撫(前戯編)
パンツの脱がせ方(前戯編)
クンニのやり方・仕方(前戯編)
クンニの注意点(前戯編)
手マンと女性器について知る(前戯編)
女性器の名称は、膣、マンコ、と色々な呼ばれ方をしますが、構造としては非常にデリケートな部分です。手マン、というセックステクニックがありますけれど、AVでよく見るような激しい手マンは女性器を傷つけてしまうだけです。前戯の中でも誤解されがちな手マンについて解説します。
手マンのやり方とGスポット(前戯編)
手マンの注意点とアダルトビデオの弊害
コンドームのつけ方は絶対に知っておく(前戯編)
最強の愛撫!クンニのやり方とクリトリスという性感帯で感じさせるテクニック
クンニとは女性のマンコ(膣)を舐めて愛撫する行為です。舌で舐められることで、他のどんな愛撫よりも快感を感じさせることが可能な最強の愛撫です。そして、クリトリスという女性最大の性感帯にも刺激を与えるため非常に重要なセックステクニックと言えます。マンコの仕組みと合わせてクンニのやり方を解説します。