コンドームのつけ方は絶対に知っておく(前戯編)

MENU

コンドームのつけ方は絶対に知っておく(前戯編)

手マン、クンニで女の子のマンコ(膣)を十分にほぐしてあげることができたら、前戯は終了。いよいよセックス本番。ペニスの挿入です。

 

ですが待ってください。
その前に大事な作業が待っています。
そうコンドームの装着です。
コンドームを装着することで望まない妊娠を避けること、そして万が一の性病の感染を防ぐことができます。

 

逆にコンドームをつけないセックスは、結婚して子供を作ることを前提とした男女以外にとっては、ともすれば不誠実な行為と認識されます。

 

お互いに愛情があるならばしっかりとコンドームを付けてセックスをするようにしましょう。一時の感情に流されて一生をメチャクチャにしてしまうこともあるのですから・・・。

 

 

それではコンドームの正しいつけ方を解説していきます。
コンドームは事前に購入しておきましょう。
薬局などで販売している普通のコンドームで良いでしょう。
ホテルなどにでセックスをする場合でもホテルなどに備え付けられているコンドームは従業員がいたずらでコンドームに穴をあけているなんていう可能性もあります。

 

ですから自分で用意したコンドームを使うことを強くおすすめします。
「事前に用意してるなんてやる気満々みたいで恥ずかしい」という方もいらっしゃるでしょうが、それは違います。
本当に女性のことを考えているのならばそういった準備も愛情の一つです。
妙に自意識過剰になる必要は全くありませんので、自信を持ってコンドームを準備してつけることが大切です。

 

具体的なコンドームのつけ方なのですが、いくつかポイントがあります。

 

・コンドームの装着はペニスが勃起した状態で
・コンドームを袋から出すときにコンドームを傷つけないように注意する
・コンドームの表裏を確認して正しく亀頭に乗せる
・コンドームの中に空気が入らないようにしてゆっくりとペニスの根元までかぶせていく

 

このポイントを意識してコンドームを装着するようにしましょう。
コンドームの表裏は箱や袋に書いてありますので事前に確認しておきましょう。
もっといえば、一度は自分でコンドームをつける練習をしてからセックス(H)に臨むと本番でもうまくいくでしょう。
コンドームがもったいないと言わずに練習することをおすすめします。

関連ページ

セックスの基本的な流れと手順
未知のことをする時はだれでも緊張するものです。セックスやエッチというカテゴリは、教科書に詳しい内容が載っているわけもなく、誰にも聞くことができない分野。そんなセックスの基本的な流れと手順をこのブログで私がご説明します。初めてのセックスを不安に思っている方の手助けになれば幸いです。
セックスの最重要ポイントは前戯にあり
セックス(H)前の雰囲気作り(前戯編)
キスの仕方(前戯編)
キスの後・服の上からの愛撫(前戯編)
耳への愛撫はさわるだけではない(前戯編)
服とブラジャーの脱がせ方(前戯編)
おっぱいの愛撫の仕方(前戯編)
セックス前の腰回りへの愛撫(前戯編)
女性器(マンコ)への愛撫(前戯編)
パンツの脱がせ方(前戯編)
クンニのやり方・仕方(前戯編)
クンニの注意点(前戯編)
手マンと女性器について知る(前戯編)
女性器の名称は、膣、マンコ、と色々な呼ばれ方をしますが、構造としては非常にデリケートな部分です。手マン、というセックステクニックがありますけれど、AVでよく見るような激しい手マンは女性器を傷つけてしまうだけです。前戯の中でも誤解されがちな手マンについて解説します。
手マンのやり方とGスポット(前戯編)
手マンの注意点とアダルトビデオの弊害
最強の愛撫!クンニのやり方とクリトリスという性感帯で感じさせるテクニック
クンニとは女性のマンコ(膣)を舐めて愛撫する行為です。舌で舐められることで、他のどんな愛撫よりも快感を感じさせることが可能な最強の愛撫です。そして、クリトリスという女性最大の性感帯にも刺激を与えるため非常に重要なセックステクニックと言えます。マンコの仕組みと合わせてクンニのやり方を解説します。