クンニの注意点(前戯編)

MENU

クンニの注意点(前戯編)

前回の記事の補足です。クンニをするときの注意点を加えます。

 

クンニは女の子にとって恥ずかしい体勢

クンニをする体勢では女性の股間に顔が位置するためお互いの顔を見れない体勢です。女の子によってはその状態が恥ずかしく、そして寂しい状態と感じてしまうことがあります。寂しいと感じた女の子は手をあなたの方に伸ばしてくるでしょう。

 

この行動はセックス本番の挿入中にもしばしば見られる行為なのですが、女性はセックスにおいて基本的に受身の立場にいます。そして、クンニや挿入の時点では男性であるあなたによって性感帯を刺激され、体をピクつかせたり、喘ぎ声をあげてしまいます。当然女性側からすれば「恥ずかしい」という感覚に陥ります。自分の感じている姿を少し離れたところから見られることがとてみ恥ずかしいという意識が生まれます。

 

密着した前戯は安心する

さらに、密着しての性行為で快感を感じているのに、男性が自分から離れてしまうことに「寂しさ」も感じます。離れて欲しくない理由はもう一つ、「気持ちいい状態を止めないで欲しい」正直な理由としてこれも挙げられます。

 

ですからもしも女の子があなたの方に手を伸ばしてきたら無視せずに握り返してあげるようにしましょう。握るというより手と手を絡ませるように受け入れてあげるのです。

 

 

こうすることにより女の子はあなたとの一体感を得ることができ、快感に身をゆだねる事ができるようになり、さらに感じることができます。これは女性が脳でセックスをするという基本の一つの作用と言えます。特にクンニをしている時はお互いの接点が「マンコ⇔口」となっており、体全体の触れ合いが少ない状態ですのでエッチの中での男女の距離感が注意点となるのです。

 

 

セックス(H)の上手な男というのはこういった距離感が抜群に上手です。これは文字ではなかなか伝えきれない部分ではありますが、セックスの時の距離感で女性の快感は確実に変わってきます。逆にエッチの下手な男は、下手な動きを繰り返してしまい、女の子としても「感じきれない」セックスになってしまうのです。

 

セックスで大切な事は女性が快感を得るためのお手伝いをしてあげることです。

関連ページ

セックスの基本的な流れと手順
未知のことをする時はだれでも緊張するものです。セックスやエッチというカテゴリは、教科書に詳しい内容が載っているわけもなく、誰にも聞くことができない分野。そんなセックスの基本的な流れと手順をこのブログで私がご説明します。初めてのセックスを不安に思っている方の手助けになれば幸いです。
セックスの最重要ポイントは前戯にあり
セックス(H)前の雰囲気作り(前戯編)
キスの仕方(前戯編)
キスの後・服の上からの愛撫(前戯編)
耳への愛撫はさわるだけではない(前戯編)
服とブラジャーの脱がせ方(前戯編)
おっぱいの愛撫の仕方(前戯編)
セックス前の腰回りへの愛撫(前戯編)
女性器(マンコ)への愛撫(前戯編)
パンツの脱がせ方(前戯編)
クンニのやり方・仕方(前戯編)
手マンと女性器について知る(前戯編)
女性器の名称は、膣、マンコ、と色々な呼ばれ方をしますが、構造としては非常にデリケートな部分です。手マン、というセックステクニックがありますけれど、AVでよく見るような激しい手マンは女性器を傷つけてしまうだけです。前戯の中でも誤解されがちな手マンについて解説します。
手マンのやり方とGスポット(前戯編)
手マンの注意点とアダルトビデオの弊害
コンドームのつけ方は絶対に知っておく(前戯編)
最強の愛撫!クンニのやり方とクリトリスという性感帯で感じさせるテクニック
クンニとは女性のマンコ(膣)を舐めて愛撫する行為です。舌で舐められることで、他のどんな愛撫よりも快感を感じさせることが可能な最強の愛撫です。そして、クリトリスという女性最大の性感帯にも刺激を与えるため非常に重要なセックステクニックと言えます。マンコの仕組みと合わせてクンニのやり方を解説します。