早漏対策〜普段からできる早漏対策〜

MENU

早漏対策〜普段からできる早漏対策〜

セックス(H)において実際にペニスを女性器(膣)に挿入すると今まで味わったことのないような快感を体験できます。
そしてその相手が大好きな女性だとしたら、精神的な興奮度もかなりのものになり、人によってはそれこそ一瞬でイッてしまうこともあるでしょう。

 

挿入してすぐに射精してしまうことは一般的には「早漏」と呼ばれる現象です。

男性は早漏の場合悩んでしまう傾向にあります。
たしかに女の子にとっても待ちに待ったペニスの挿入が一瞬で終わってしまうことで、快感を味わいきれなくて物足りない、といった気持ちを持つこともあります。

 

ただ、もしあなたのセックスが彼女との初めてのセックス(H)だとしたら早漏に関してはそれほど悩む必要はないでしょう。

 

「女の子があまりにも魅力的すぎて我慢できなかった」
「気持よすぎて我慢できなかった」

 

このように正直に言えば女の子は嫌な気持ちにはなりません。

 

しかし、何度セックスしてもすぐに射精してしまうようでしたら少し考えなければなりません。
女性としてもセックスで快感を得たいのです。
挿入してからペニスのピストン運動を十分に味わうことなく、男性が射精してしまうことに欲求不満を感じてしまう可能性があります。

 

早漏は体質にもよりますが、ある程度は訓練で改善することができます。

 

 

●オナニーでの訓練●
普段オナニーをするときにできる早漏改善の訓練です。
やり方は至って簡単。

 

オナニーをして射精の直前になったら行為を中止して我慢します。
そして射精感がおさまったらまたオナニーを再開します。

 

これを何度も繰り返すことで「射精を我慢する」ということを体が覚えて少しずつできるようになります。
オナニーは性欲の処理として行う場合が多いため、すぐにイッてしまうことが多いと思います。
ですが、射精の際に毎回毎回短時間でイクことに慣れると、セックス(H)本番でも気持ちよくなったらすぐに射精してしまう体質になりやすいので、早漏気味の方はこういった訓練をしてみるのもひとつの手段です。

 

 

●事前にオナニーをしておく●
これは単純明快な早漏対策です。
「今日はセックスをする」という日の前日、もしくは当日の朝に一度オナニーをしておくことで、セックス(H)本番での早漏を回避するという方法です。
男性の精子の生産量は限られていますので事前に出しておけば早漏を改善することができます。
ですがあまり無理をしてオナニーをしてしまうと、Hの時にペニスが勃起しないということにもなりかねませんので、余程心配でなければ当日のオナニーはしないほうがいいかもしれません。

関連ページ

早漏対策〜イキそうになった時の対処法〜
早漏対策として私が非常に有効だと考えているのが「精神的な刺激のコントロール」です。セックスとは心で感じる部分がとても大きい行為です。その心の刺激をコントロールすることで、ペニスを入れたあとの物理的刺激、快感を和らげ、一瞬で射精してしまうことを防ぐことも可能です。具体的事例を上げて解説してみました。
早漏対策〜セックス(H)の回数でカバーする〜
早漏で悩んでいる方は、人に言えないだけでかなりの人数がいらっしゃると思います。対策法としては色々とあるのですが、今回は早漏をセックスの回数でカバーするという視点で記事を書かせていただきました。女性心理の移り変わりなどを例にして早漏に対するコンプレックスを少しでもやわらげることが出来ればと考えています。
早漏対策〜早漏を治すには〜
セックス時の女性の希望挿入時間と早漏の限度。早漏改善を考える
早漏を治したいです。セックスの挿入前に射精してしまいました。
読者さんおすすめの早漏対策グッズ・DANDEL(ダンデル)
エッチにおける男の悩みとして「早漏対策」というものが挙げられます。セックステクニックを上達させたのだけれど、挿入はおろか、手コキやフェラチオの時点で暴発してしまうという悩みです。早漏は精神的なテクニックでも改善されます。実際に秀逸な早漏対策マニュアルも販売されています。今回は物理的な刺激を緩和する早漏対策グッズ「ダンデル」をご紹介します。