早漏対策〜セックス(H)の回数でカバーする〜

MENU

早漏対策〜セックス(H)の回数でカバーする〜

●早漏の人は性欲が強い?!

 

早漏気味だと感じている人は意外に多いことでしょう。
実は私もどちらかというと早漏です。
セックス初心者の頃は早漏に対して悩んでいましたが、考え方を変えることで早漏に対するコンプレックスはなくなりました。

 

早漏の人は別の見方をすれば「性欲が強い人」という見方ができます。
精子がたくさん溜まっているからすぐに射精してしまうのです。

 

そして性欲が強いということは「すぐに復活できる」のです。

早漏の方は短時間でイッてしまうことに悩まずにセックスの「回数」で補えばいいのです。

 

1度射精しても元気な男性ならば30分や1時間で再度勃起してきます。
とても元気な人だとイッた直後に勃起するということもあります。

 

 

 

●複数回のセックスは女性にも喜ばれる
「私はそんなに強くない」
と思われる方もいるでしょうが、普段の生活でのオナニーとセックス(H)の本番とでは状況が違います。
目の前には魅力的な女の子が裸になっているのです。

オナニーをしたあとは全然性欲が湧かないという人でも、セックス本番では必ずまたすぐにセックスをしたくなるはずです。

 

そしてセックス(H)がしたくなったら正直に女の子に言いましょう。
「もう一回してもいい?」と。

 

女の子は自分が魅力的だと言われているようで嫌な感じはしません。むしろそう言ってもらえることはうれしいことなのです。この辺りのセックスにおける女性心理を理解すればセックステクニックの上達も速くなることでしょう。

 

また最初のセックスで男性がすぐにイッてしまったことで満足したりない可能性は十分あります。
女の子の方から「もう一回したい」とは恥ずかしくてなかなか言えないですから、男性のあなたから切り出すことはむしろ、女性にとってもありがたい事なのではないでしょうか?

 

 

2回目以降のセックスには、最初にセックスをする時の様なまわりくどい雰囲気作りもいりません。
そして連続でエッチをすることで2人がエッチをすることが当然のように感じてもらうこともできます。

 

早漏の観点から見ても、2回目のセックスなのですから当然初めてのセックスの時よりも射精しにくくなります。
ですから連続2回のセックスは初めてのセックスの時よりも、女の子を気持よくしてあげることが可能となります。

 

 

このように2回目以降のセックス(H)をお願いすることには沢山のメリットがあります。
早漏で悩むのをやめて回数で補うことで、男女とも幸せなセックス(H)をすることができると考えるようにしてください。

関連ページ

早漏対策〜普段からできる早漏対策〜
セックスをする前にオナニーをすることで性欲を減退させ、感覚を鈍らせることで早漏への対策をするという方法があります。これは若い人には有効ですが、それでも事前に射精しすぎることで本番のエッチの時にペニスが勃起しなくなってしまう可能性もありますので、個人差がある方法です。
早漏対策〜イキそうになった時の対処法〜
早漏対策として私が非常に有効だと考えているのが「精神的な刺激のコントロール」です。セックスとは心で感じる部分がとても大きい行為です。その心の刺激をコントロールすることで、ペニスを入れたあとの物理的刺激、快感を和らげ、一瞬で射精してしまうことを防ぐことも可能です。具体的事例を上げて解説してみました。
早漏対策〜早漏を治すには〜
セックス時の女性の希望挿入時間と早漏の限度。早漏改善を考える
早漏を治したいです。セックスの挿入前に射精してしまいました。
読者さんおすすめの早漏対策グッズ・DANDEL(ダンデル)
エッチにおける男の悩みとして「早漏対策」というものが挙げられます。セックステクニックを上達させたのだけれど、挿入はおろか、手コキやフェラチオの時点で暴発してしまうという悩みです。早漏は精神的なテクニックでも改善されます。実際に秀逸な早漏対策マニュアルも販売されています。今回は物理的な刺激を緩和する早漏対策グッズ「ダンデル」をご紹介します。