セックス時の女性の希望挿入時間と早漏の限度。早漏改善を考える

MENU

セックス時の女性の希望挿入時間と早漏の限度。早漏改善を考える

セックス初心者が初エッチで失敗する原因で最も多いのが「早漏」です。

 


早漏っていうのはすぐに射精してしまうことですね。意味は皆さん知っていると思います。個人的見解では早漏であるからといって上手なセックスができないということはないと思っています。セックスで女性を満足させるために一番重要なのは前戯ですから。

 


ですから早漏が原因でセックスが上手くいかないということに対してそこまで不安を感じる必要はありません。早漏をそれほど気にする必要はないということは別記事【→早漏とセックスの回数】で解説してますので気になる方は読んでみてください。



 

 

ただ限度というものもあります。早漏はセックスの満足度に影響は少ないとはいえ・・・


では重度の早漏って一体どのくらいの程度の事を指すのでしょうか?

 

 

よく耳にする初セックスの失敗談で早漏が原因だったという話を聞きます。具体的には「挿入前に射精してしまった」とか「彼女におちんちんを触られただけで射精してしまった」なんていう話です。


 

 

さすがにこのレベルですと挿入すらできないレベルの早漏ですからちょっと心配です。まぁ一度射精してしまっても回数でカバーするというセックステクニックがありますので、回数でカバーするという対策はできます。


 

 

回数をこなしてもどうしようもない男性もいるんですね。具体的に言うと、仮に1度目はすぐに射精してしまったとします。2度目のチャレンジ。2回目のセックスですから多少は射精を我慢できるはずです。今度は無事にペニスを女性のオマンコに挿入したとします。重度の早漏の方の場合、この際に2回目にもかかわらず30秒と持たずに射精してしまう方もいるんです。


 

 

「セックスの回数を増やしてもどうしても早漏が治らない」実はこんな悩みのメッセージも少なくない数頂きます。早漏に関しては体質にもよるものなので対処は難しく返信もデリケートになるところですね。


 

相談を受けた方々のいろんな話を総合してきた結果、傾向として普段のオナニーで1分ほどで射精することを続けた結果、早漏体質になってしまっている方が多いように感じます。

 

 




女性が好むセックス時の挿入時間は?

 

早漏に関して別の視点から分析してみます。

 


以前、東邦大学医学部により日本人夫婦を対象に行われた調査では、希望挿入時間は15分という結果でした。別の統計によると、米国とカナダの医療関係者による調査で「セックス時の挿入に望ましい時間」は7〜15分でした。

 


どちらも平均的な希望としては10分〜15分の挿入時間。

 


女性側としては射精まで最低でも、5分以上は挿入時間を維持して欲しいと感じているようです。女性側からのアンケート結果を元にするならば、30秒とか1分での射精は重度の早漏と言わざるを得ません。

 




中イキは前戯でイクよりも気持ちいいもの。

セックスにおいて膣内へのペニスの挿入でイカせることにそこまでこだわることもないのですが、前戯での絶頂と比べ挿入時の絶頂は精神的な面においても快感度は異なるんです。

 

おちんちんを挿入してのピストン運動による、膣内での絶頂(中イキ)は、女性側としてはペニスを挿入されている状態、男性側としてはペニスを挿入しながらでの絶頂なので、お互いの一体感を感じられながらのオーガズム(イクという意味)となります。中イキは正直、前戯での絶頂よりも気持ちいいと感じる女性が多いのです。ただし、セックスでは前戯が最も重要であるということは忘れないで下さいね。

 

 




信頼できる早漏マニュアル

 

私は「重度の早漏でセックスが上手くいかずに困っている」という相談メールを頂いた際には、私のブログの記事で書いてきたことを詳しく返信しています。ただ最近は早漏対策のマニュアルを紹介しているんです。なぜかというと、以前このブログでは返金無料の早漏対策マニュアルを推薦していたのですが、もっと実践的で信頼できる良質な早漏改善方法を見つけたからなのです。

 


詳しくは解説ページを見てもらえればわかるのですが、体質的に早漏を治すのではなく、具体的な挿入方法やピストン運動を行うことによって早漏を治すという方法です。膣へのペニスの挿入に関する具体的なやり方なども盛り込まれていますので、ピストン運動などに関して悩んでいる方にとっても一石二鳥のマニュアルとなっています。愛撫のテクニックも「なるほど」と思わせるものがありました。


 


これまで私が唯一推薦してきた、初心者向けセックス教材である「水嶋トモさんのセックスマニュアル」と共に、久しぶりに充実した内容の教材となっていましたので、メールで相談を頂いた方だけにはお勧めしていたのですが、その後、複数の方から返信をいただき、評判が良かったので今回記事にしてみました。セックスに対して早漏で悩んでいる方に大変有効なマニュアルです。

 

現役AV男優スパーキー佐藤が教える超早漏対策【早漏革命】

 

悩んでいる方はご覧になってみてくださいね。感想も待ってます。

関連ページ

早漏対策〜普段からできる早漏対策〜
セックスをする前にオナニーをすることで性欲を減退させ、感覚を鈍らせることで早漏への対策をするという方法があります。これは若い人には有効ですが、それでも事前に射精しすぎることで本番のエッチの時にペニスが勃起しなくなってしまう可能性もありますので、個人差がある方法です。
早漏対策〜イキそうになった時の対処法〜
早漏対策として私が非常に有効だと考えているのが「精神的な刺激のコントロール」です。セックスとは心で感じる部分がとても大きい行為です。その心の刺激をコントロールすることで、ペニスを入れたあとの物理的刺激、快感を和らげ、一瞬で射精してしまうことを防ぐことも可能です。具体的事例を上げて解説してみました。
早漏対策〜セックス(H)の回数でカバーする〜
早漏で悩んでいる方は、人に言えないだけでかなりの人数がいらっしゃると思います。対策法としては色々とあるのですが、今回は早漏をセックスの回数でカバーするという視点で記事を書かせていただきました。女性心理の移り変わりなどを例にして早漏に対するコンプレックスを少しでもやわらげることが出来ればと考えています。
早漏対策〜早漏を治すには〜
早漏を治したいです。セックスの挿入前に射精してしまいました。
読者さんおすすめの早漏対策グッズ・DANDEL(ダンデル)
エッチにおける男の悩みとして「早漏対策」というものが挙げられます。セックステクニックを上達させたのだけれど、挿入はおろか、手コキやフェラチオの時点で暴発してしまうという悩みです。早漏は精神的なテクニックでも改善されます。実際に秀逸な早漏対策マニュアルも販売されています。今回は物理的な刺激を緩和する早漏対策グッズ「ダンデル」をご紹介します。