セックス本番の射精と場所について

MENU

セックス本番の射精と場所について

ペニスを挿入し、ピストン運動をし、女の子も息が苦しくなるくらいに感じて快感の波が押し寄せてイッしまったならば、今度はあなたがイク番です。

 

先程から女性をいかせると書いてきましたが、セックスをするうえで必ずしも女の子をいかせることを意識することはありません。そもそも経験の少ない女性はセックスにおける感度もまだまだ発展途上で、イク事ができない女の子もたくさんいます。

 

男性の絶頂、射精と違って女性はいかなくても十分快感を得ることができます。
そのことを理解しないで「女はいかせないといけない」という意識でいるとセックスがとてもつまらないものになってしまいます。

 

セックスでは今の自分にできる精一杯のことをすれば良いのです。
回数を重ねることであなたも相手の女の子ももっと気持ちのいいセックスが必ずできるようになります。

 

 

またも話がそれてしまいましたが、ピストン運動を繰り返すことであなたも当然射精に近づいていくことになります。
射精しそうなときは自分でわかるでしょうから、もしもいきそうになったら女性にも伝えるようにしましょう。
理由としては正直に「イク」「イキそう」と伝えることで、女性のほうも心の準備ができるからです。
イッたのがわからずに急にあなたが動かなくなると女の子は心配してしまいます。

 

そして一人で勝手にイッてしまったというような寂しさを感じてしまいます。
ですからそんな思いをさせないためにも、射精しそうになったら女性のその事を伝えてください。

 

そして、思い切り女の子の中に精子を出してあげましょう。コンドームで避妊はしていますが、女の子としてもパートナーが自分の中で射精してくれることはうれしいものです。

 

射精をしたならば男性にとってのセックスは一区切りです。

 

 

ですが、ここで覚えておいてほしいことがあります。
それは男性の射精と違って女性にはセックスの区切りがないということです。
女性にもイクということはありますが、例えイッたとしてもセックスは終わりません。

 

男性の都合だけでセックスを終わらせてはいけません。
気持よく射精することができたならば、セックスの後半の行為、後戯に移ってください。

 

後戯を軽んじる男にセックスの上達は望めません。

 

たとえ射精して興奮が収まっていったとしてもそれを女性に感じさせてはいけません。
しっかりと後戯をして、愛を確かめ合い、次のセックスへの活かすようにしましょう。

関連ページ

避妊の失敗を防ぐコンドームの抜き方
セックス本番。ペニスの挿入の仕方
女性器のマンコを手マンやクンニで十分にほぐすことができたのなら、いよいよオチンチンの挿入です。上手な前戯でほぐしたといっても、女性器はデリケートなもの。無理やりペニスを突っ込んだりしてはいけません。セックス初心者向けの体位などを解説しつつ、本番でのペニスの挿入のやり方を解説します。
挿入直後とピストン運動のやり方(腰の振り方)
ペニスを膣内に挿入することができたら、そこからピストン運動と呼ばれる腰をふる動作に移ります。セックス初心者ですと、腰の振り方のコツがつかみにくく、苦労する方も多くいます。この記事では上手なピストン運動のやり方と、早漏を防止する突き方を解説します。女性に感じてもらうために大切なテクニックですので参考にしてください。
セックス挿入中の愛撫は効果絶大
ペニスを挿入しながらも、空いている手を使って女の子の性感帯を愛撫することで、女性の快感は数倍にもなります。このテクニックは初心者には難しいですけれど、徐々にマスターしていくことでセックステクニックが劇的に進化します。挿入中の愛撫は効果絶大なのです。
後戯のやり方でセックス(H)が決まる
賢者タイムの過ごし方でその後の男女の関係が変わる
賢者タイムとはセックスが終わって射精したあとの男性の心理状態のこと。独特の気持ちになる男性と、気持ちが続く女性。女性をがっかりさせないために男が注意するポイントを解説。