セックス本番。ペニスの挿入の仕方

MENU

セックス本番。ペニスの挿入の仕方

女の子の女性器(膣)を十分に愛撫し、コンドームも無事に装着できたらいよいよペニスの挿入です。
初めてのセックスの方はとても緊張することでしょう。

 

ペニスの挿入の注意点としては「ゆっくりと挿入すること」です。
女性にもよりますが、基本的にはマンコ(膣)はとても狭い性器です。
ペニスの大きさにもよりますがいきなり勢い良く挿入されることは女性にとって大変な苦痛となります。
特に処女の場合は絶対に勢いに任せた挿入はしないでください。

 

まずは亀頭を女性器の入り口にあてがい本当に少しずつ挿入していきます。
この時の体位は正常位。
セックス初心者の方はまずは正常位からセックスを始めるようにしましょう。
理由としては正常位が一番ペニスを挿入しやすく、お互いの顔も見れるため、女の子が痛いときはすぐにわかるからです。

 

ペニスを挿入するときは女の子の反応も見ながら慎重に入れていってください。
亀頭でクリトリスや大陰唇、小陰唇を撫でるようにして愛撫しながら挿入します。

 

この時ペニスが上手く膣に入らないようでしたらペニスに片手を添えて亀頭を女性器に導くようにします。
手を添えながら腰を少し前にスライドさせます。
上手くいかなくても焦る必要はありません。
焦ることで勃起状態を持続できなくなることがあります。
ですから焦ることなく角度を変えるなどして試してみてください。

 

そして無事に亀頭が入ったらペニスを徐々に膣の奥に入れていきます。
女性が痛がるようなら奥まで入れるのは控えましょう。
少しだけ入っている状態で我慢してください。

 

早く奥まで入れたいという衝動はよくわかりますが、セックスとは男女二人でする行為です。
自分の欲望だけで突っ走るのは最低の行為と言えます。

 

女の子が徐々に慣れてきたら再度ペニスの挿入を深くしていきます。
すんなりと入るならば良いのですが、そうでない場合はゆっくりと時間をかけましょう。
1分位の時間をかけて挿入するのも全くおかしくはありません。

 

アダルトビデオなどを見ていると一気に挿入し、激しくピストン運動をしていますが、実際のセックスではあんなに激しく動く必要はありません。
むしろゆっくりと動いてあげたほうが気持ちいいという女性が多いです。

 

ですからアダルトビデオの間違った情報は忘れてゆっくりと時間をかけて挿入していきましょう。

関連ページ

避妊の失敗を防ぐコンドームの抜き方
挿入直後とピストン運動のやり方(腰の振り方)
ペニスを膣内に挿入することができたら、そこからピストン運動と呼ばれる腰をふる動作に移ります。セックス初心者ですと、腰の振り方のコツがつかみにくく、苦労する方も多くいます。この記事では上手なピストン運動のやり方と、早漏を防止する突き方を解説します。女性に感じてもらうために大切なテクニックですので参考にしてください。
セックス挿入中の愛撫は効果絶大
ペニスを挿入しながらも、空いている手を使って女の子の性感帯を愛撫することで、女性の快感は数倍にもなります。このテクニックは初心者には難しいですけれど、徐々にマスターしていくことでセックステクニックが劇的に進化します。挿入中の愛撫は効果絶大なのです。
セックス本番の射精と場所について
ピストン運動を繰り返し、オチンチンを女の子のマンコの中で上手に動かすことが出来れば、女性は快感に襲われます。本当に気持ちが良くなると、オーガズムに達します。これを通常「イク」といいます。そこまで達したら次は男であるあなたが射精する番。セックスにおける射精の場所や、射精後の注意点などを解説します。
後戯のやり方でセックス(H)が決まる
賢者タイムの過ごし方でその後の男女の関係が変わる
賢者タイムとはセックスが終わって射精したあとの男性の心理状態のこと。独特の気持ちになる男性と、気持ちが続く女性。女性をがっかりさせないために男が注意するポイントを解説。