避妊の失敗を防ぐコンドームの抜き方

MENU

避妊の失敗を防ぐコンドームの抜き方

お互いがめくるめく快感を経てあなたは無事に射精をすることができました。
しかし射精でセックス(H)は終わりではありません。

 

仮に男性にとってのセックスが射精をすることで終わりだとしても女性にとってのセックスはまだ続いています。
射精のあとはセックスにおける後戯をすることが大切です。

 

後戯をするといってもまずは射精をしたのですから、避妊のためにも膣からペニスを抜くことが先決です。
男性が射精したあとにすぐにペニスを抜かれることに寂しさを感じる女性も多いのですが、コンドームを付けていたとしても射精後にペニスを抜かずにいるのはおすすめできません。
しぼんでいくペニスとコンドームの間から精液が漏れて避妊の失敗をしてしまう危険があります。
精子は空気に触れなければ1週間も生き延びるほどの強力な生命力を持っています。
ですから、射精をしたあとはお互いのためにすぐにペニスを抜くようにしましょう。

 

ペニスを膣から抜くときのポイントとして、コンドームが外れないように手で抑えながらペニスを抜くようにしましょう。
手を添えないで抜こうとするとコンドームが膣内に残って精液が流れこんでしまうことがあります。
そのような事のないように確実にコンドームごとペニスを抜くようにしましょう。

 

 

次はセックス後(H)の後戯のやり方について詳しく解説します。

関連ページ

セックス本番。ペニスの挿入の仕方
女性器のマンコを手マンやクンニで十分にほぐすことができたのなら、いよいよオチンチンの挿入です。上手な前戯でほぐしたといっても、女性器はデリケートなもの。無理やりペニスを突っ込んだりしてはいけません。セックス初心者向けの体位などを解説しつつ、本番でのペニスの挿入のやり方を解説します。
挿入直後とピストン運動のやり方(腰の振り方)
ペニスを膣内に挿入することができたら、そこからピストン運動と呼ばれる腰をふる動作に移ります。セックス初心者ですと、腰の振り方のコツがつかみにくく、苦労する方も多くいます。この記事では上手なピストン運動のやり方と、早漏を防止する突き方を解説します。女性に感じてもらうために大切なテクニックですので参考にしてください。
セックス挿入中の愛撫は効果絶大
ペニスを挿入しながらも、空いている手を使って女の子の性感帯を愛撫することで、女性の快感は数倍にもなります。このテクニックは初心者には難しいですけれど、徐々にマスターしていくことでセックステクニックが劇的に進化します。挿入中の愛撫は効果絶大なのです。
セックス本番の射精と場所について
ピストン運動を繰り返し、オチンチンを女の子のマンコの中で上手に動かすことが出来れば、女性は快感に襲われます。本当に気持ちが良くなると、オーガズムに達します。これを通常「イク」といいます。そこまで達したら次は男であるあなたが射精する番。セックスにおける射精の場所や、射精後の注意点などを解説します。
後戯のやり方でセックス(H)が決まる
賢者タイムの過ごし方でその後の男女の関係が変わる
賢者タイムとはセックスが終わって射精したあとの男性の心理状態のこと。独特の気持ちになる男性と、気持ちが続く女性。女性をがっかりさせないために男が注意するポイントを解説。