後戯のやり方でセックス(H)が決まる

MENU

後戯のやり方でセックス(H)が決まる

無事にペニスを抜くことができたら、そこから後戯のはじまりです。

セックス(H)で自分を気持よくしてくれた女の子に感謝の言葉を伝えてください。

「すごく気持ちよかったよ。ありがとう」
「大好きだよ」
など、女性に感謝の意、または女性への愛の言葉をかけてあげてください。
この言葉で女性はまだ残っている快感を楽しむことができ「最高のセックスだった」と感じることができます。

 

 

そして頭を撫でてあげながらおっぱいをソフトに愛撫するなどしてください。
キスをするのも非常に喜ばれることでしょう。

 

後戯を行うことにより、セックスで敏感になっている彼女はまだまだ感じてしまうはずです。

「射精をすれば満足」のような態度は決してとってはいけません。

あくまでも最後まで女性に優しく接しましょう。

 

そして、愛液などでビッショリになった女性器をティッシュで優しくぬぐってあげましょう。
それをしながら自分のペニスからコンドームを抜いて、口を結ぶかティッシュにくるむなどしてから始末しましょう。

 

その後はうっとりしている女性のそばに添い寝をしてあげましょう。
頭や背中を撫でるように愛撫するだけでもまだ敏感になっている女性は幸せを感じます。

 

 

こういった後戯をすることによってはじめてセックスの終了となります。

後戯のやり方次第でその後の男女の関係が良くもなり、悪くもなります。

自分勝手なセックスだけはしないようにしましょう。

 

お互いに最高の快感を共有して、愛を深め合う行為、それがセックスです。
良いセックスができれば、女の子の方もまたセックス(H)がしたいと思ってくれることでしょう。

 

 

 

最初の記事からここまでセックスの基本的な方法・やり方について解説してきました。
じっくりと読んでくれた方はお分かりかとは思いますが、
セックスにおける一番大切なテクニックは「愛情を持ってセックスをすること」です。
自分だけが気持ちよければいいのではなく、相手の女性をどれだけ思いやって、気持よくできるかを考えていればセックスの失敗はありません。

 

例えあなたがセックスの経験がなく、早漏で、ペニスが小さかったり、包茎などのコンプレックスを抱いていたとしても、そんなことは関係ありません。
愛を込めてセックスをすることで女性を気持よくさせることは可能です。

 

 

どうか不安にならずにセックスを楽しんでください。

関連ページ

避妊の失敗を防ぐコンドームの抜き方
セックス本番。ペニスの挿入の仕方
女性器のマンコを手マンやクンニで十分にほぐすことができたのなら、いよいよオチンチンの挿入です。上手な前戯でほぐしたといっても、女性器はデリケートなもの。無理やりペニスを突っ込んだりしてはいけません。セックス初心者向けの体位などを解説しつつ、本番でのペニスの挿入のやり方を解説します。
挿入直後とピストン運動のやり方(腰の振り方)
ペニスを膣内に挿入することができたら、そこからピストン運動と呼ばれる腰をふる動作に移ります。セックス初心者ですと、腰の振り方のコツがつかみにくく、苦労する方も多くいます。この記事では上手なピストン運動のやり方と、早漏を防止する突き方を解説します。女性に感じてもらうために大切なテクニックですので参考にしてください。
セックス挿入中の愛撫は効果絶大
ペニスを挿入しながらも、空いている手を使って女の子の性感帯を愛撫することで、女性の快感は数倍にもなります。このテクニックは初心者には難しいですけれど、徐々にマスターしていくことでセックステクニックが劇的に進化します。挿入中の愛撫は効果絶大なのです。
セックス本番の射精と場所について
ピストン運動を繰り返し、オチンチンを女の子のマンコの中で上手に動かすことが出来れば、女性は快感に襲われます。本当に気持ちが良くなると、オーガズムに達します。これを通常「イク」といいます。そこまで達したら次は男であるあなたが射精する番。セックスにおける射精の場所や、射精後の注意点などを解説します。
賢者タイムの過ごし方でその後の男女の関係が変わる
賢者タイムとはセックスが終わって射精したあとの男性の心理状態のこと。独特の気持ちになる男性と、気持ちが続く女性。女性をがっかりさせないために男が注意するポイントを解説。