処女とのセックスは細心の注意を払わなければならない

MENU

処女とのセックスは細心の注意を払わなければならない

●夏は処女を捨てる女の子が多い季節

 

夏も近くなって暖かくなり、この夏に初体験を迎える人も多いことでしょう。

 

さて、今日はまだセックスというものを経験したことのない「処女」の女の子とセックスをする時の注意点を記したいと思います。

 

「というか、そもそもオマエ処女とセックスできるのかよ?」

 

とこんなツッコミが入りそうですが、昨日しました。それもとても若い女の子です。正確な年齢はちょっと公開できないのですが、まぁ女子の平均的な処女喪失年齢の女の子だと考えていただければいいでしょう。やはり若い女の子はいいですね。肌のハリが違います。

 

もちろん援助交際や出会い系ではなく、仕事関連で何度か会う機会があっての延長上のことです。お金なんて一切払っていませんよ。ご飯はおごりましたけど。

 

だから当然ごく普通の処女の女の子。つまり相当デリケートな女の子ということです。

 

 

という実際の体験をもとにしたことですので信頼していただいてもいいかなと思っているのですが、今回は処女の女性とセックスについてです。

 

処女とセックスをする時の最大の注意点は雰囲気を壊さないという点です。

 

「また雰囲気かよ!?」と言う人もいるでしょうが事実なんですから勘弁して下さい。

 

 

よく「処女はなかなかペニスが入らない」とか「処女は痛がるからめんどくさい」なんて聞きますよね?

 

これって私から言わせれば「セックスが下手な男の言い訳」としか思えません。

 

自分が上手に相手の女性を気持よくさせてあげられない事実を「相手が処女である」ということを理由に言い訳してるだけ。もっというと「他人のせいにしてるだけ」なんですよ。

 

こんな男はおそらく処女でない女性とのセックスでも、パートナーを満足させられていないでしょうね。そんな男に限って、相手が満足していると思ってるのは勘違いであり、もしかしたら相手の女性が「演技」をしてくれているだけかもしれません。

 

 

あ・・・またまた話がそれました。。すいません。

 

 

今、「処女とのセックスで文句を言うのは男が悪い」というような事を述べましたが、処女の体がセックスに対する抵抗がないことは事実です。

 

ストレートに言えば、生まれてから家族以外の男性には見られたことのない裸を晒し、生まれてからまったく刺激を受けてこなかった、おっぱいや乳首に刺激を与えられ、同じくオマンコに男性のオチンチンが入ってくるのですから、場合によっては出血もするでしょう。

 

しかし、そんなハンディを加味しても、男性のセックステクニック次第では処女とのセックスでも十分快感を与えることは可能なんです。そしてそのセックステクニックというのが先程も述べた「雰囲気を壊さないこと」なんです。

 

 

●処女とのセックスでの雰囲気作りはポイントが少し異なる

 

雰囲気雰囲気と最近このブロクではしつこいくらい繰り返してますが、今回の「処女とのセックスにおける雰囲気作り」は、通常のセックスのそれとはまた少し違います。

 

通常のセックスでの雰囲気つくりは「楽しさ」だったり「ロマンティックさ」だったりを強調することも多いのですが、処女とのセックスにおける雰囲気作りで意識すべき最大のポイントは「自信」です。

 

 

処女の女の子はセックスというものをしたことがありません。セックスを経験した方にはわかると思いますが、セックス未経験の童貞の男性と何も変わらず「非常に緊張」しているんです。

 

そして女性の方も「初エッチは痛い」とか「血が出る」とかの知識を持っている可能性もあるでしょう。この点を考えると場合によっては童貞の男性以上に「緊張」していて「恐怖感」を抱く女性もいるわけです。

 

そんな感情を持っている処女の女性に対して、相手の男性がセックスをする以前から「自信なさげ」にしていたらどう感じるでしょう?不安に思うと考えられませんか?

 

もしも、あなたが痛みを伴うかもしれないこと、例えば「注射」をされる時にお医者さんが自信なさげにオドオドしてたらどうですか?怖いですよね?

 

 

それと同じであなたが自信なさげにセックスに臨めば、相手の女性もセックスという行為に不安を感じ、愛撫の効果も半減します。緊張感と恐怖感から身体も固くなり、入るペニスも入らなくなります。

 

 

だから処女とセックスする際に一番気をつけなければいけないのが、あなた自身が「自信を持つこと」
そしてその自信を相手の女の子にも伝わるような雰囲気を作ることなんです。

 

具体的には前戯に入る前にちょっとした笑顔を見せることや、挿入の前に彼女の体が硬くなっていると感じたなら、「緊張しないで」「安心していいよ」などと声を掛ける。

 

 

もちろん前戯での愛撫や、挿入後のピストン運動と愛撫を軽視しているわけではないです。それ以前に「不安に思っている女の子の心をほぐさなければ、どんな具体的なセックステクニックも効果を発揮しない」ということをわかって欲しいんです。

 

自信をつけるためにはセックスについての事前知識が豊富であったほうが有利なのは言うまでもありません。

 

もしもあなたが、これから処女の女の子とセックスをする機会があったら、この事を思い出して安心させてあげてください。

 

そして、その女の子の初めてのセックスの思い出をキレイな思い出にしてあげてくださいね。