愛液が少なくてオマンコが濡れないと挿入は困難

MENU

愛液が少なくてオマンコが濡れないと挿入は困難

セックスの行為をストレートに表すとすれば「女の子のオマンコ(膣)に男性のオチンチンを入れる行為」と表現できます。

 

ただ、女性の膣は普段はとても小さな穴です。そんな穴に勃起した男性のオチンチンを入れるっていう行為は場合によっては女性にとってとても負担のかかる行為なんですね。

 

 

●オマンコの穴ってどのくらい小さいの?
女性の膣の大きさは男性にはなかなかイメージができないかもしれませんが、自分のおしりの穴をイメージすると分かりやすいかもしれません。おしりの穴って普段はしっかりと引き締まってますよね?

 

ちょっと汚い話ですけど、自分の肛門に指を入れることを想像してみて下さい。かなり無理しないと入らないと思いませんか?

 

仮に指1本入れることができるとしても通常の状態では絶対に無理です。痛くて入れることなんてできないはずです。入れるとしたらお尻の穴周辺を十分に濡らして、さらに指も濡らした状態でないと指1本すら入れることはできません。

 

今、例に出したのはおしりの穴ですが、これを女の子のオマンコの穴に置き換えて考えてみて下さい。指1本ですら挿入が難しい穴に、勃起したオチンチンを入れることの困難さ、女性への負担が想像できると思います。

 

●挿入前にオマンコを濡らすことは絶対条件
セックスやエッチに慣れていない男性は、おっぱいを揉んでオマンコをある程度触ったら前戯もそこそこにすぐにオチンチンを挿入したがります。

 

でも挿入前に絶対に確認しなければならないのが「オマンコから十分に愛液は出ているか?」という点です。愛液はオチンチンをスムーズに挿入させるための潤滑油的な役割を持っているんです。愛液は女性がセックスをする際に自分の体を守るために出すためのものなのです。

 

この記事を見てくれた男性は、一刻も早くオチンチンを挿入したい気持ちはわかりますが、女性のオマンコが十分に濡れているかを確認した後に挿入するようにして下さいね。

 

●愛液の少ない女性もいる
人間ですから人それぞれ特徴があります。汗っかきの人がいて、汗をあまりかかない人がいるように、愛液の量が少ない女性もいます。しっかりと愛撫をして体は感じているけれどなかなか濡れない女性がいるのもまた事実です。

 

濡れていない状態で無理に挿入をすると、女性側は痛みを感じますし、出血の原因にもなります。挿入による快感もなかなか得られないでしょう。

 

そんな時は無理をせずにローションというものを利用してみて下さい。ローションとはセックスの際のペニスの挿入を手助けしてくれる液体のことです。ヌルヌルした液体ですが体に害はないです。ラブホテルなんかに行くとお風呂においてあるところもあります。

 

愛液が少ない場合はローションをオマンコに塗って、男性側のペニスにもローションを塗ることで摩擦が減り、スムーズな挿入を可能にしてくれるんです。

 

ローションというと風俗などでも使われるため抵抗のある方もいるかも知れませんが、本来の使い方はこういった時のためなので気にせず利用してみて下さい。

 

今「風俗などでも使う」と書きましたが、実際にローションを使ってエッチをすると普段のエッチよりも気持ちいい感覚もあるので楽しんで使ってみて下さいね^^

関連ページ

セックス(H)での絶対必要なマナー
超重要!セックスでは「におい」に気をつけろ
口臭対策はセックス準備の絶対条件
セックスで体臭、ワキのにおいは命取り
セックスの時も女の子は爪を見る〜セックス前の準備〜
セックスの下手な人の特徴
絶対に失敗したくない!セックス初心者が失敗しないための事前準備とは?
処女とのセックスは細心の注意を払わなければならない
初めてセックスをする女の子を処女といいます。男は童貞といいますが、血が出る可能性もある女の子のほうが初めてのセックスには不安を感じているのです。男の責任として、最大限の準備をして処女とのセックスに臨むことが必要なのです。
初エッチをする場所はどこにするべき?雰囲気と利便性で考えてみる。
香水をつける男は嫌われる?
セックス以前に自分の香りを気にしてますか?男だっていい香りの香水をつければ印象は格段に良くなります。